札幌の賃貸ならjogjog.com

  • 札幌の賃貸ならjogjog.com
  • サイトマップ
  • jogjog.comについて
  • お気に入りリストを見る

水抜きについて

   
 
冬の北海道では家を1日・2日あける間に急な冷え込みが来ることはよくあります。
厳寒期の気象条件によっては、日中に於いても凍結するかもしれないという認識をもっていただきたいと思います。的確な手順で水抜きが、なされていれば水道管の凍結(損傷)や水漏れ事故を防ぐことが出来ます。
給水・給湯配管水抜き手順方法
① 給湯ボイラーまたは、ガス給湯機のスイッチを切る。
② 水道水抜き栓を閉じる。(レバータイプとハンドルタイプが有ります。)
給湯用水抜き栓がある場合は閉じる。・・・下図参照

③ 台所混合栓・シャワー水栓・浴室混合栓・洗濯機蛇口・洗面台混合栓などを開く。
④ ③の混合栓などの器具の水抜きがあるのでツマミなどをはずす。・・・下図参照

注)シャワー水栓等の水抜きはユニットバス内ステッカーの要領でお願いします。
また、水栓器具取り扱い説明書を参照。
⑤ 給湯ボイラー・ガス給湯機本体の水抜きをする。※注)ボイラー・給湯機取り扱い説明書参照。
⑥ 流し台・洗面台扉内に付いている水抜き弁を開く。・・・下図参照
※扉を開けると裏側に付いている場合があります。付いていない場合は関係ありません。
トイレのタンクの水抜きをする。・・・下図参照
注)シャワートイレなどは取り扱い説明書参照。また、電源を入れておくこと。

若干、メーカー形状・操作が異なる場合があるので取り扱い説明書を参照。
 ※①~③の順番は必ず行ってください。④~⑦までの順番は順不同です。また、台所・洗面台、
トイレ・ユニットバスなどの排水トラップ(水の溜まっている部分)の凍結にもご注意ください。
防止策として水を抜くか、不凍液を投入することをおすすめします。
配管の凍結・排水の凍結など生じた場合、お湯などをかけずにお願いします。
(急激な温度変化で配管・衛生陶器が破損する恐れがあります。)
給水・給湯配管出水手順方法
※手順の順番は水抜き手順方法の逆順番で逆作業になります。また、全ての水栓類から水・お湯が出る
ことをご確認ください。